×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

《鉄町の自然観察》

鉄町の名木古木


鉄町の丘には、たくさんの名木古木があります。多くは桜の木や
ケヤキなどの落葉樹、また、イトヒバやアカガシなどの常緑樹です。
下の写真は名木古木に指定されているものの一部です。

           

           

このページの上へ

鉄町の山野に咲く花と実

鉄町の山野に咲く花と実は四季を通して、たくさん見ることができます。。
下の写真はその一部です。

   宝鐸草(ほうちゃくそう)↓    母子草(ははこぐさ)↓     甘野老(あまどころ)↓

   掃溜菊(はきだめぎく)↓     繁縷(はこべ)↓      仏の座(ほとけのざ)↓

 冬の花蕨(ふゆのはなわらび)↓    スミレ↓         種漬花(たねつけばな)↓     

  芹〈せり〉↓         薺(なずな)(ぺんぺんぐさ)↓

夏から秋にかけて咲く花と実

 木通(あけび)↓        青葛藤(あおつづらふじ)↓       がまずみ↓

 屁糞蔓(へくそかずら)↓    烏瓜(からすうり)↓      高野箒(こうやぼうき)↓

 枸杞(くこ)の花↓        枸杞(くこ)の実↓       草木瓜(くさぼけ)↓

 鳴子百合(なるこゆり)↓     野茨(のいばら)の実↓     野茨(のいばら)の花↓

  猿捕茨(さるとりいばら)↓    仙人草の実↓         シオデの実↓        

  ススキ↓           痰切豆(たんきりまめ)↓   蔓梅擬(つるうめもどき)↓      

   山葡萄↓           山百合↓             オカトラノオ↓

鉄町でよく見る野鳥と水鳥・その他

   アカウソ↓            アオジ↓            アオサギ↓

 ハクセキレイ(幼鳥)↓       ヒヨドリ↓          カルガモ↓

 カワウ↓             メジロ↓            ムクドリ↓

 ツグミ↓              サワガニ↓

このページの上へ

鉄町から眺める富士山

鉄町から見える富士山は、どんな高いところへ登っても頭の部分だけしか見えない。また、冬の間は
雪をかぶっているので頂上付近はよく見える。さすが日本一の山、富士山は頂上部分を見るだけで
その姿が目に浮かんでくる。

鉄町の孟宗竹(もうそうちく)に花が咲いた

2013-8-29、竹藪の一部が竹の葉が枯れたように見えた。高さ10mぐらい
の竹なので上の方がよく見えない。カメラで撮ったところ、枯れているの
ではなく芽が出て、それが茶色くなっているのです。調べたところ、
竹の種類によって差はあるらしいが、60年〜120年に1度だけ花が咲き、
花の咲いた竹の地下根に出ている竹は全て枯れるらしい。竹の寿命ですかね!
(白い糸のようなものにぶら下がっているのが花だそうです)

このページの上へ

鉄町でアライグマを捕獲

鉄町の農家の方が葡萄畑に仕掛けた捕獲ワナに1匹の大きなアライグマ
がかかった。体長は頭から尾の先まで1mはあります。この付近では、
2〜3匹の子連れでアライグマが出没するそうです。

アライグマには注意

アライグマが媒介する病気としては、狂犬病、ジステンパー、アライグマ糞線虫、
アライグマ蛔虫、インフルエンザ、日本脳炎、レプトスピラ、紅斑熱群リケッチア、
サルモネラなどがあるそうです。また、糞をした場所には近づかない。
食性は雑食性で、昆虫類、魚類、小動物全般から果実・野菜・穀類まで食性の
幅は広いといわれています。
鉄町では農耕地に現われ、作物を荒らされている。
夜行性で、森林や湿地帯から市街地まで多様な環境に生息しま
すが、一般的には水域に近い場所を好むそうです。
下の写真は平成25年(2013)9月24日の朝ワナにかかっていた
アライグマ。入っている檻はワナではなく保管箱です。

このページの上へ

SUB MENU

鉄町の郷土芸能

鉄町の古くから伝わる鉄古典
獅子 舞とお囃子があります。
詳しくは下記の Linkより
御参照下さい

鉄町の伝統行事

上鉄どんど焼き、毎年1月
14日 前後の日曜日または休日
に行われ ます。

上鉄どんど焼き風景