《鉄町の語源・由来・沿革》

鉄町の語源・由来

歴史・民俗学者の金子勤先生から、"「麻生物語」とカッパ伝説"という先生が
最近講演された時の資料を先生から頂きました。

この中の一説に鉄町の語源と図が描かれている。その内容を抜粋すると、
くろがねの初見は、戦国時代・秀吉神奈川県の小田原城攻めの時、書状が既出
小島佐渡守(川崎市麻生区の元川崎市市議会議長 小島一也が二十二
代目の子孫に当たる)の家にあり、黒金と書かれている。

江戸時代初めに、くろがねは 鉄(てつ)だと言って鐵という字を書いた。
鉄の字は略字で金(かね)を失(うしなう)と書くので縁起が悪い。と言って
当地では金へんに矢(や)という字を書いて、くろがねと読むよう強いられた。

鉄(くろがね)の語源は黒金・畔曲(くろがね)で、畔道(あぜみち)が曲がっているという
意味で鉄(てつ)とは関係がない。と書かれている。

鉄(てつ)は曲がっているという意味があるので、畔道が直角に曲がっている
所から 畔曲(くろがね)=鉄(くろがね)になりました。

鉄村の概略図

沿革

*1868年(慶応4年)   廃藩置県により 神奈川府を設置   神奈川府都筑郡鉄村になる。
*1868年(明治元年)   神奈川府が 神奈川県になる     神奈川県都筑郡鉄村になる。
*1889年(明治22年)   都筑郡中里村大字鉄となる
*1939年(昭和14年)  横浜市に編入し、 横浜市港北区鉄町となる。
*1969年(昭和44年)  横浜市緑区鉄町になる
*1994年(平成6年)   横浜市青葉区鉄町になる。

「かいと」とは、

中世から現代にいたるまで近代人は谷戸(かいと)によって培い養われてきた。
いわばかいとは、母なる川と父なる背中である。然し、I Tの文化の波に置き去られ
忘れられつつある。バス停や道路信号の下などに、しょんぼり見られるだけとなった。

東京世田谷区では、往古、世田谷(せたかい)と言ったので、「せたかい」という
郷土史も出している。現代、屋号などで、かいと(けいと)、小がいと(こげえと)
などと言われて、村人、町民に親しまれている。群馬県では谷戸(やと)・谷津(やつ)・
谷戸(かいと)の三本立てである。

かいとの漢字を挙げてみると三、四十あり当て字である。こう言う字だから、こういう歴史
があるというのはナンセンスな感じがする。中世の防御の垣内は例外。

1.谷戸(かいと)             5.垣内           9.開内
2.大谷戸(オーガイト)(オーゲェト)   6.垣外          10.海渡
3、峡戸                   7.界戸
4.垣戸                   8.皆戸

(かいとは30以上ありますが以下は省略しました。)

  関東地方シリーズ1  「神奈川県の地名」より抜粋

SUB MENU

鉄町の郷土芸能

鉄町の古くから伝わる鉄古典
獅子 舞とお囃子があります。
詳しくは下記の Linkより
御参照下さい

鉄町の伝統行事

上鉄どんど焼き、毎年1月
14日 前後の日曜日または休日
に行われ ます。

上鉄どんど焼き風景